停滞から成長!秋田、再起動!村岡としひで
停滞から成長!秋田、再起動!村岡としひで

政策と理念POLICY & PHILOSOPHY

まずは現場に!
しっかり見て、聴いて、
行動する。
村岡としひでの基本です。

  1. 1「見る」

    豪雨や大雪など、自然災害が発生した際等、現状をなるべく自分の「目」で確かめ、スピード感をもって対策を講じることを心掛けています。

    村岡としひでが農業視察をしている様子
  2. 2「聴く」

    実際に秋田3区を中心に約140,000軒全戸を自分の足で回り、皆様に直接お話を聴かせて頂きました。
    今後も地域の現状を知るために、続けてまいります。

    村岡としひでが衆議院予算委員会で発言している様子
  3. 3「行動する」

    国会議員時代の約5年間で、本会議や予算委員会、農林水産委員会など各種委員会に積極的に出向き、質問に立った回数は93回。
    自分の目で「見て」、耳で「聴いた」情報をもとに、積極的に提言してまいりました。

村岡としひでの
令和版・大いなる秋田構想

世代を超えて親しまれている秋田県民歌が「大いなる秋田」に取り入れられた昭和43年は、
高度成長期の活気に満ち溢れ、未来に夢を持っていた時代でした。
平成〜令和の時代、未曾有の人口減少・少子化という難題で、秋田は岐路に立っています。

私が目指すのは、県民の誰もが秋田に誇りを持ち、
夢を叶える機会の多いチャレンジ可能な社会、活力あふれる社会です。

私はここに「令和版・大いなる秋田」構想を立ち上げ、その実現のために、勇気と情熱を持ち、
県民の皆様とのスクラムによる「オール秋田」の力で、
活力みなぎる秋田実現のため「秋田再起動」をする覚悟です。

コロナ対策について

現在、新型コロナウイルスは日本だけでなく、世界で猛威を振るっています。県民の皆様の命に係わる最重要の問題であり、コロナウイルス感染防止対策につきましては柔軟かつ、スピードが重要だと考えております。

国と強力な連携体制を構築し医療への全面的な支援を講じることは勿論のこと、併せて経済面で多大な影響を 受けている企業・個人・観光産業・飲食業等への経済支援を強化します。また、感染者や医療従事者、その家族等が不当な扱いを受けない、差別のないコロナ対策を講じます。

4つの重点政策

人口減少・少子化への
チャレンジ

  1. 1「働く女性支援課(仮称)」を設置!
    女性が住みやすく、働きやすい
    子育て環境日本一へ!
    官民連携による女性が活躍できる職場環境を実現します。子育ては仕事と両立できる、働き方改革やテレワークの推進、男性の育児休暇、こども病院、病児保育、ひとり親家庭支援など、安心して子育てできる環境を整備します。また、不妊治療等への助成を拡充、「授かりたい人を応援する」環境づくりを推進します。
  2. 2高齢者ニーズに合った医療支援!
    在宅医療の体制・訪問診療の整備、官民の医療機関連携による病院経営の安定と医療水準の高度化支援など、全国一の高齢化県として、高齢者医療ニーズに応える病院機能を推進します。
    また、買い物等の生活支援など積極的な施策で、高齢者が住みやすい優しい街づくりをめざします。
  3. 3再生可能エネルギー~秋田の「大型洋上風力」を日本一の拠点に!~
    環境には十分配慮し、大型洋上風力で再生可能エネルギーの日本最大の拠点にすることで、新たな産業や雇用を創出し、秋田への人の往来や移住、活力の増大 を実現します。
  4. 4プロスポーツを成長産業に!
    秋田のプロスポーツ(バスケット・サッカー・ラグビー)は、県民に夢と希望、感動を与え、にぎわいを創出し、地域経済に大きく貢献します。施設整備など成長産業化に向け、税の優遇・官民ファウンドの活用などの検討を行い、国・自治体・民間企業・県民と協力して推進します。

プロフィールPROFILE

村岡敏英 (むらおか としひで)

1960年(昭和35年)秋田県由利本荘市出身。
5年間のサラリーマン経験の後、官房長官秘書官、
運輸大臣政務秘書官をはじめ国会議員秘書として16年間、
国会の中枢で政治に携わる。
平成17年9月、衆議院議員選挙に初出馬も落選。
平成24年12月衆議院議員に初当選。
以後、2期5年衆議院議員を務める。
現在、捲土重来を期して、地元秋田県を中心に精力的に活動中。
著書に「スタッフ」(扶桑社)。
家族構成:妻(つぐみ)、長男・長女。

略歴

昭和35年
7月25日 由利本荘市生まれ
昭和58年
日本大学商学部卒業、民間会社5年勤務
平成元年
村岡兼造事務所 勤務
平成2年
運輸大臣 政務秘書官
平成9年
内閣官房長官 政務秘書官
平成16年
村岡敏英事務所 開設
平成24年1月
エフエム秋田「WHAT'S THE NUMBER」でパーソナリティを務める
平成24年12月
衆議院議員に初当選
平成26年12月
衆議院議員選挙 2期目当選
現在
捲土重来を期して「365日」活動中

Youtube (活動動画)